自然科学書出版  近未来社
since 1992
 
    自然災害(地盤災害)
千木良雅弘 著
  災害地質学ノート
大八木規夫 著
  増補版/地すべり地形判読法
千木良雅弘 著
  写真に見る 地質と災害
千木良雅弘 著
  深層崩壊
千木良雅弘 著
  崩壊の場所
千木良雅弘 著
  群発する崩壊
石田 毅 著
  岩盤破壊音の科学
千木良雅弘 著
  風化と崩壊

    自然災害(地震災害)
金折裕司 著
  断層地震の連鎖
飯尾能久 著
  内陸地震なぜ起こるのか?
金折裕司 著
  山口県の活断層
長尾年恭 著
  地震予知研究の新展開
金折裕司 著
  活断層系
力武常次 著
  予知と前兆
金折裕司 著
  断層列島
金折裕司 著
  甦る断層

    水災害(土木工学)
高橋 保 著
  洪水の水理
高橋 保 著
  土砂流出現象と土砂害対策
高橋 保 著
  土石流の機構と対策
岡二三生 著
  地盤液状化の科学
河田惠昭 著
  都市大災害

    地球科学(地質学)
増田富士雄 著
   ダイナミック地層学
吉田英一 著
  球状コンクリーション科学

ノンテクトニック断層研究会/編著

  ノンテクトニック断層
吉田英一 著
  地層処分
服部 勇 著
  チャート・珪質堆積物
林 愛明 著/訳
  地震の化石
青野宏美 著
  地質のフィールド解析法
吉田英一 著
  地下環境機能
佐藤 正 著
  地質構造解析20講
中嶋 悟 著
  地球色変化

    水工学(地下水学)
竹内篤雄 著
  自然地下水調査法
渡辺邦夫 著
  地中の虹

    文化財保存科学
沢田正昭 著
  文化財保存科学ノート

    生物図誌(★販売終了)
川名美佐男 著
  かたつむりの世界
松村 勲 著
  大阪府陸産貝類誌

    その他(一般書・文系書)
物江 潤 著
  聞き歩き 福島ノート
深川高明 著
  仕事に役立つ管理会計
萬匠東亜男 著
  建設行政法規の基礎知識
日野 進 著
  キッズ川柳を作ろう!
西田耕三 著
  大学をリシャッフルする


    その他(本作り・自費出版)
深川昌弘 著
  上手な本の作り方 Q&A
深川昌弘 著
  これからの自費出版−虎の巻−
長尾年恭(東海大学教授)著
地震予知研究の新展開
The New View of the Earthquake Prediction Research
A5判(並製)・209頁 定価 2,619円(税込)
ISBN978-4-906431-12-7〔初版発行日/2001.2.9〕
 〈サイエンスセレクション・シリーズ Vol. 4〉
Key Words  地震学と地震予知学・これまでの地震予知研究・周波数による電磁気学的
研究・VAN法とは・ULF帯とVLF帯の観測・LAIカップリング・アクロス
From the text
 もうひとつ現時点での問題点は「果たして地震予知はどのような学問なのか?」という点について,世界と日本とで大きな認識の違いがあることである。一部の国(いわゆる“地震予知研究の先進国”;後述)では「地震学」と「地震予知学」は全く違った学問であるという認識が急速に広まっている。本書はこの新しい「地震予知学」の最近の発展,特に電磁気学的手法についてまとめたものである。

 本書の刊行によせて(金森博雄:カリフォルニア工科大学地震研究所教授)
 はじめに

<第1章> なぜ電磁気学的な手法か?
  §1-1 なぜ電磁気学的な手法か?
  §1-2 「地震学」と「地震予知学」
  §1-3 地震の長期・中期・短期予知

<第2章> 阪神大震災の時,何が起こったのか?
  §2-1 地震前後3ヶ月間のデータについて
  §2-2 宏観異常との関連
  §2-3 地震当日の記録
  §2-4 その他の変動

<第3章> 地震予知研究とは?
  §3-1 「地震予知」を論ずる上での基礎知識
  §3-2 これまでの地震予知研究
  §3-3 地震予知論

<第4章> 地震に関連するさまざまな周波数による電磁気学的研究
  §4-1 電磁気学的手法を用いた地震予知研究
  §4-2 VAN法とは
  §4-3 電磁シグナル発生のメカニズム
  §4-4 日本におけるVAN(地電流観測)法の研究
  §4-5 ULF帯での観測
  §4-6 VLF帯での観測
  §4-7 VLF/LF帯電磁波の伝播異常(電離層の異常)
  §4-8 見通し外FM電波の観測による研究(串田法:電離層の異常)
  §4-9 その他の試み(VHF,氷破壊,AE観測)

<第5章> そのほかの最近の試み
  §5-1 ロシアの試み
  §5-2 中国の試み
  §5-3 GPS,VLBI
  §5-4 地球化学の重要性
  §5-5 マイクロプレートモデル
  §5-6 サイレント・アースクエイク
  §5-7 第三種空白域
  §5-8 破壊核

<第6章> 地震予知学のススメ
  §6-1 地震予知を取り巻く環境
  §6-2 LAIカップリング(Lithosphere-Atmosphere-Ionosphere Coupling)
  §6-3 アクロス

おわりに
 前兆研究の落とし穴−認知バイアス
 4つのケース
 成果の国際貢献

 あとがき
 参考文献
 索 引

【著者略歴】
長尾 年恭 (ながお としやす)
東海大学教授,東海大学海洋研究所・地震予知研究センター長.理学博士.1987年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了.大学院在学中に第22次日本南極地域観測隊・越冬隊に参加,昭和基地で越冬.重力,地殻変動,地殻熱流量観測等に従事.1988年6月より金沢大学理学部助手,1995年12月より東海大学海洋学部助教授.この間1991年11月より1年間,地震予知研究のためアテネ大学物理学部へ留学.専門は固体地球物理学,地震電磁気学,地球熱学.


近未来社 480-0305 春日井市坂下町1-1528-27 Tel(0568)88-5210/(090)1758-4804 book-do@kinmiraisha.com