総合図書出版 近未来社
刊行図書一覧
地質学・地球科学
地震学・地震予知
山地災害
河川災害・地盤災害
放射性廃棄物処分
文化財保存科学
稀少生物の記録
学校教育・大学改革
建設行政法規
自費出版
ご注文・お支払方法
ご注文シート
メールご注文
Tel 052(774)9639
Fax 052(772)7006
原稿の募集について
・企画出版
 (自然科学系)
・一般書
・学術出版
論文素材の作成
・図版トレース
・グラフ作成
・画像/写真加工

お便り・ご質問
出版のご相談など

これからの自費出版
出版交渉のポイント
本が出来るまで
Q&A
基礎講座<50問50答>
参考価格表-自費出版
句歌集(100〜500部)
一般書(100〜500部)
専門書(100〜500部)
経費のあらまし
ネットで見つけた
“価値ある情報”


千木良雅弘(京都大学教授)
崩壊の場所
−大規模崩壊の発生場所予告−

近未来科学ライブラリー・
シリーズ Vol.11
A5判(上製)
256 P
3,238円+税
ISBN978-4-906431-26-7
大規模崩壊は起こるべき
構造的原因をもっている…。

発生前にわずかに変形した岩盤が崩壊する場合が多く,
その変形が地形的に読み取れるらしいことがわかってきた……。

Key Words
雨と地震・衛星写真と空中写真・大規模崩壊・崩壊の前兆・褶曲と座屈と崩壊・新潟県中越地震・航空レーザースキャナ
第1章   雨と地震と写真と地図

地震
衛星写真
空中写真
地形図と地質図
地すべり地形分布図
第2章   雨で崩れた火山岩 −2003年水俣・菱刈豪雨−

第一印象と作業仮説
水俣市宝川内集地区
 <地質と地形,崩壊の概要>
 <崩壊の形状と地質>
 <崩壊のすべり面>
 <崩壊発生のメカニズム>
 <前兆は検出可能であったかどうか>
 <近傍の崩壊>
鹿児島県菱刈町大山口地区
背景となった水理地質構造(透水/不透水)
第3章   雨で崩れた古い堆積岩 −2004年三重県宮川村豪雨−

断層に挟まれていた裏山−里中
最大の崩壊−春日谷
その他
まとめ
第4章   地形の発達と大規模崩壊 −2005年宮崎県耳川豪雨−
災害の発生と調査にいたるまで
雨と5つの大規模崩壊
 <論文と図・写真>
小断層と崩壊
斜面の向きと光
層理面と小断層
衝上断層沿いに並んだ崩壊
最大の崩壊
地形の発達と崩壊の場所
第5章   雨で大きく崩れる場所はどこか?
生い立ちの違う岩石は分けて考える
堆積岩
崩壊の前兆
ぽってりした地形
火山岩
 
第6章   甚大な地震山地災害 −1999年台湾集集(チーチー)地震−
 <調査の開始>
 <集集地震>
 <一夜にして真っ白になった山>
 <地震による崩壊と雨による崩壊との発生場のちがい>
 <膨大な数の崩壊>
褶曲と座屈と崩壊−九分二山
 <地形と地質>
 <すべり面と座屈>
 <発生場所は予測できたか?>
地層の傾斜は14°−草嶺
 <地質条件>
 <地形−前兆が現れていた>
 <すべり面の形成と風化>
 
第7章   地すべり地帯をおそった地震 −2004年新潟県中越地震−
2004年新潟県中越地震
震源地帯の地質と地形
地すべり密集地帯
地すべり・崩壊のタイプ
地すべりダム−繰り返す歴史
 <東竹沢>
 <すべり面上の沈殿物が示すもの>
 <寺野>
 <池谷>
変な形の最大規模の地すべり
水平移動の地すべり
すべり面はどこにできた?
 <凝灰岩層にできたすべり面(白岩南方−横渡)>
 <シルト岩と上に載る砂岩との境>
 <砂岩泥岩の互層>
 <酸化フロントの下の溶解帯(油夫,尼谷地)>
雨後の地震−谷の堆積物の流動化
座屈から発達した崩壊
表層崩壊や亀裂
 
第8章   活断層・地震断層と崩壊 −2005年パキスタン北部地震−
はじめに
地質と地形の概要
活断層と地震断層と崩壊
ダンベの大規模崩壊
 <地質と堆積物>
 <地形>
 <ダムの決壊は?>
そのほかの地すべり・崩壊
地質時代の大規模地すべり
表層崩壊と亀裂
 
第9章   地震ではどこが大きく崩れるのか?
断層との相対的位置と岩質
既存の地すべりと斜面の下部切断
地震による初生的な大規模崩壊
地震による岩盤の傷とキャップロック
雨と地震の相乗効果
その他
 
第10章   地形調査の革命児 −航空レーザースキャナ−
航空レーザースキャナ
森の中が見える
色々な画像
驚くべき地表の変形じわ
長 池
 
あとがき
雨のあとの地震
地質屋の独り言
国の研究機関のミッション
ハザードとディザスター
情報の少ない海外での調査
帰納と演繹と博物学
発展途上国への協力と援助
途上国の研究者
漢字圏とアルファベット圏の地名表示
地すべりか崩壊か

 謝 辞
 参考文献

【著者略歴】

千木良雅弘(ちぎら まさひろ)
1955年
1978年
1980年
1981年〜97年
現 在



群馬県に生まれる
東京大学理学部卒業
東京大学大学院修士課程修了
(財)電力中央研究所勤務
京都大学防災研究所教授
(地盤災害研究部門・山地災害環境分野)
京都大学大学院理学研究科地球惑星科学
専攻教員を兼ねる。

日本応用地質学会会長(2010年5月〜)
専 攻 応用地質学
著 書 『風化と崩壊』(1995年,近未来社)
『災害地質学入門』(1998年,近未来社)
『群発する崩壊』(2002年,近未来社)
島崎英彦,新藤静男,吉田鎮男編『放射性廃棄物と地質科学−
地層処分の現状と課題−』(1995年,東京大学出版会)
論 文 「岩盤クリープによる岩石の長期的重力変形」により1987年理学博士(東京大学),他論文多数
受 賞 「結晶片岩の岩盤クリープ(その1,2)」により1986年日本応用地質学会賞を受賞
「泥岩の化学的風化−新潟県更新統灰爪層の例−」により1989年日本地質学会研究奨励賞を受賞

近未来科学ライブラリー・シリーズ サイエンス・セレクション・シリーズ
地中の虹 (渡辺邦夫) 文化財保存科学ノート (沢田正昭)
甦る断層 (金折裕司) 災害地質学入門 (千木良雅弘)
地球色変化 (中嶋 悟) 岩盤破壊音の科学 (石田 毅)
断層列島 (金折裕司) 地震予知研究の新展開 (長尾年恭)
風化と崩壊 (千木良雅弘) 地盤液状化の科学 (岡二三生)
都市大災害 (河田恵昭) 地質のフィールド解析法 (青野宏美)
活断層系 (金折裕司)
予知と前兆 (力武常次) ニューフィールド・サイエンス・シリーズ
群発する崩壊 (千木良雅弘) 地質構造解析20講 (佐藤 正)
地下環境機能 (吉田英一) 土石流の機構と対策 (高橋 保)
崩壊の場所 (千木良雅弘) 土砂流出現象と土砂害対策 (高橋 保)
内陸地震はなぜ起こるのか? (飯尾能久) 洪水の水理 (高橋 保)
地層処分 (吉田英一)
フルカラーの専門書 防災科学技術ライブラリー
チャート・珪質堆積物 (服部 勇) 地すべり地形の判読法 (大八木規夫)
地震の化石 (林 愛明)
四川大地震 (林 愛明・任 治坤) 日本の活断層
山口県の活断層 (金折裕司)
日本生物図誌シリーズ
大阪府陸産貝類誌 (松村 勲) その他
かたつむりの世界 (川名美佐男) これからの自費出版-虎の巻- (深川昌弘)
大学をリシャッフルする (西田耕三)
建設行政法規の本 キッズ川柳を作ろう! (日野進)
建設行政法規の基礎知識 (萬匠東亜男) (著)省略


図書案内 ご注文方法 原稿募集 論文素材 Eメール
ページの TOP に戻る