1.  良書作りのために
ぜひお読みください
2.  本づくりの流れ図
これを見れば一目瞭然!
3.  本づくりのポイント
こうして本はできあがる
4.  制作経費のお見積り
経費のあらましを知ろう
5.  本づくりのご相談
まず、用意するものは?
6.  制作見本のご紹介
ほんの一例ですが…。
7.  お問い合わせ
お気軽にご相談ください
8.  (参考)  本の販売
経費倒れは避けよう!
本づくりの流れ図
下図 @〜Jの項目の順で、実際の本作りは
展開していきます。

赤色の項目
依頼者の方の判断と行動が求められるもの。
青色の項目
小社が専行する制作作業を示しています。
 電話でコンタクトを取られる場合、直接出版社に出向かれて相談される場合など、出版相談の形態も様々です。相談時で最も重要なことは、その会社の自費出版に取り組む姿勢をあなたなりに見極めることです。価格の安さや会社の知名度だけで判断してしまえば、後々後悔することにもなります。慎重に判断して動かれることが一番です。
 自費出版を考える際の最大の関心事は、出版にかかる経費の問題です。一般に、ある商品を購入しようとすれば相場なり基準となる価格帯というものがあるわけですが、自費出版の価格にそのようなものはないと考えていた方がいいでしょう。ここでは、小社がどのようにして見積り価格を算定しているかについて、詳しくご説明します。
 口約束ほど危険なものはありません。また、最初に提示される見積書の書面だけでは不十分です。どんな場合であっても、金銭にまつわる取り決めについてはしっかり文書(契約書)として作成しておくことが必要です。ここでは、実際の契約書(覚書)の内容がどうなっているのかについて、項目ごとに分かりやすくご説明します。
 本の制作期間は原稿内容によっても異なりますが、おおよそ3ヶ月ほどで完成するものとお考えください。使用する目的に合わせて本を作られたい方は、本が必要となる日程をお聞かせください。その期日に間に合うように調整させていただきます。お出しする工程表はあくまでも予定です。依頼者の方のご都合に合わせて作り直します。
 書籍は、著者の方が書かれた原稿(考え方や意見)を活字を媒体として表現していくものですから、これらがいかに分かりやすく本文上に現されているかが重要となります。覚書の調印後、小社から本文内容にマッチした組見本を考案して提示していきます。組見本に対する改善要望がありましたら、遠慮なくお出しください。
 誤字・脱字・誤入力などの発見・訂正とともに、文章の表現法やつながり具合などを細部にわたって読み込ませていただきます。依頼者の方にご判断頂かなければならない個所は付箋立ての処理を施し、場合によっては代替案文もお付けします。読みやすく分かりやすい本に近づけていくためには疎かにできない、最も重要な仕事です。
 本の形になる“前身”が一番最初に出される初校ゲラです。本を間違いのない良書としていくためには、この初校ゲラ校正をしっかり行っておくことが不可欠です。しかし、すぐに赤字を入れようとするのではなく、再度原稿を読み直す姿勢も大切です。ここでは、校正をされる際、すぐに実行できる方法を簡潔に紹介しています。
 初校ゲラの次に出されてくるゲラが再校ゲラです。このゲラでは、全体を通してページ数が振られていますので、だんだんと本の形に近づいていきます。この再校ゲラ校正で本格的な校正の機会は最後となります。初校訂正の再確認も大切ですが、時には声に出されるなりして、何度でも内容の確認・推敲を慎重に行ってください。
 2回の校正機会で出された訂正処理が終了すると、全データが印刷に適するデータであるかの検認を行い、印刷データを完成させます。ここでは、データ脱稿までに行う「責任校了業務」の内容を説明しています。
※上の工程は、カバーなどの付き物(デザイン)関係の動きを示しています。本文同様に印刷データを完成させて、印刷会社さんに送ります。
 印刷会社さんと製本会社さんのプロの職人さんたちが力を合わせて、あなたの大切な本を仕上げてくれます。
 待ちに待ったあなたの本の完成です。落丁・乱丁などの事故はよほどのことがない限り起こりません。ここでは、出来上がってきた本を親しい方などに献本する作業を、依頼者の方に代理して小社が行う「献本発送代理システム」のあらましをご紹介します。


良書作りの ために
本づくりの 流れ図
本づくりの ポイント
制作経費の お見積り
本づくりの ご相談
制作見本の ご紹介
お問い合わせ
(参考) 本の販売
TOP