1.  良書作りのために
ぜひお読みください
2.  本づくりの流れ図
これを見れば一目瞭然!
3.  本づくりのポイント
こうして本はできあがる
4.  制作経費のお見積り
経費のあらましを知ろう
5.  本づくりのご相談
まず、用意するものは?
6.  制作見本のご紹介
ほんの一例ですが…。
7.  お問い合わせ
お気軽にご相談ください
8.  (参考)  本の販売
経費倒れは避けよう!
本づくりのご相談

出版のご相談
 書かれた原稿に基づいて、正式な見積書をお作りします。自費出版についてのご相談・見積書の作成は無料で行います。 

 出版相談は、本作りの始点ともいうべき重要な交渉事です。一般的には、依頼者の方が小社へ直接出向むかれて相談されることが多いのですが、最近ではインターネットの情報を手掛かりに、メールや電話で問い合わせてこられるケースも増えております。

 問い合わせの目的の大半は、制作価格の見積り依頼です。小社では、原稿(プリント)を送付していただいた方に限り、無料で見積書の調製に応じております。提示した見積り金額にご同意いただける場合は、契約書(自費出版制作請負に関する覚書)を作成していくことになりますが、反対に、ご同意いただけなかった場合は、お預かりしていた原稿(プリント)は責任をもって返却させていただきます。


(1)実際の出版相談の場で話し合われる事項について

a.造本体裁と装丁について
 造本体裁とは、作られたい本の大きさ(版型といいます)、総ページ数、製本形式(並製本か上製本かの別)、発行部数などです。これらの問題は、小社からお出しする見積書の基本条件となる事柄ですので、非常に重要です。

 装丁とは、表紙・カバー・帯・口絵・本扉・化粧箱など、本文以外の付き物のことを指しています。それぞれについて、依頼者の方が付けられたいものをお伺いし、印刷色数および用紙資材の種類を決めていきます



b.ご予算と出版期日について
 おおよその金額でも結構ですから、予算を考えておられる方は出版相談の段階でお示しください。もちろん、見積書を見てから検討されるという方については不要です。本を出版したい希望日などがありましたら、予めお教えください。制作難易度にもよりますが、本はおおよそ3ヶ月ほどでできあがります
.図書コードについて
 出版される本に図書コードを付けられたい方は、お申し出ください。(本コードの設置料金は無料です。)図書コードは、書店で本を販売する場合に必要となります。また、非売品扱いで作られる方であっても、図書コードが図書館等の蔵書管理上の指標ともなりますので、付けておかれることをお勧めします。ただし、本文の組版データを全てご自身で完成されていて、編集上、小社が一切関与していない出版物については、図書コードをお付けすることができません。あらかじめご了承ください


d.本の販売について
 本を販売したいご希望がございましたら、お考えの予定価格、どのような販売方法を希望されるかをお話しください。小社で採りうる販売方法についてご説明します。しかし、本の販売には当然経費が必要となりますので、本の販売を考えておられない方に対して、小社からお勧めすることは一切いたしません。なお、詳しくお知りになりたい方は、本ホームページの別の項目「本を販売されたい方へ」を参考にしてください
e.今後の連絡方法について
 基本的には、お電話かインターネット・メールで行います。ご住所・電話番号等は個人情報となりますので、開示して頂ける方だけで結構です。開示された個人情報は、自費出版制作以外の目的で使用することはございません
f.交渉日誌とメール・フラッグの活用
 自費出版の交渉では非常に細かい問題も出てまいりますし、それらには必ずと言っていいほど、経費の問題が関係してきます。小社がお約束したことの一つ一つについて頭の中に入れていくことは大変です。こういう場合は「自費出版交渉日誌」のような簡単な冊子を独自で作られて、情報の管理をしていかれることを是非お勧めします。また、インターネット・メールをされる方であれば、小社名の専用フォルダを作られて、メールの管理をされていかれるのもいいでしょう。重要な事項が書かれているメールには特別にフラッグを付けておくなどされれば万全です


(2)小社へ直接出向かれて自費出版の交渉をされる場合

 出版相談時に持参していただきたいものは、次の通りです。

1. 原稿(データ入力しておられる方はデータ及びプリントをご持参ください。
2. 原稿メモ(原稿内容の簡単なあらまし、データ入力された方は使用したソフトの名称とバージョン数、入力環境はWindowsかMachintoshかの別)
3. 交渉メモ(造本上の希望事項、小社に対して確認したい事項及びご質問事項)
4. 見本本1冊(作られたい本の目安となる参考本を指しています。)


原稿はほぼ完成した状態のものを持参されることが理想です。経費見積りが目的の場合は、より正確な見積り金額をご提示することができます。
データ入力をされた方は入力されたデータ(CD-ROM・FD・MO)もご持参ください。なお、画像関係データ(図版・写真・カバーなど)について修正・補正(加工・トレースなど)を希望される方はプリントに指示事項を書かれて、データと一緒にご提示ください。
c. の造本上の希望事項とは、本の大きさ、製本形式(並製本か上製本かの別)、発行部数です。この3項目以外にもお聞きすることがございますが、細部については出版相談時に詳しくお伺いいたします


(3)メール等を使って小社と自費出版の交渉をされる場合

 お電話やメールでのご相談も歓迎します。ただ、一番大事なことは、来社される依頼者の方と同様、原稿全体を小社にご提示(具体的には、ご送付)いただくことが必要となります。原稿の一部だけをメール添付の形で送ってこられる方もおられますが、それでは経費見積りの正確な数値をお出しすることができません。残念ですが、正式な見積書はお出しできませんので、あらかじめご了承ください。

1. 原稿用紙で書かれた原稿の場合は、そのコピーをお送りください。
2. データ入力された原稿の場合は、確実にデータのバックアップを取られた後、全データのプリントをお送りください。
3. @およびAの場合に共通することですが、写真・図版の原画・原図をお送り頂く必要はありません

原稿等を宅急便でお送りいただく場合は、必ず連絡先のお電話番号の記入をお願いします。原稿到着後、受け取り確認のお電話を入れさせていただきます。同時に、上記の「造本希望」の詳細についてもお伺いをいたします。なお、本作りの関係以外の用件で、お電話を差し上げることは一切ございません


(4)出版物の制作をお引き受けできない場合

 原稿を見させていただいた段階で、下記に掲げた3要件のうちの一つでも該当すると小社が判断した場合は、固く出版をお断りしております。また、たとえ本を非売品扱いで出版される場合であっても同様の判断をさせていただきます

1. 出版後、名誉毀損など民事上の損害賠償請求の発生が懸念される原稿
2. 原稿の内容に差別を助長するような表記・表現法が含まれている原稿
3. 他書などからの無断引用・無断転載がされていることが明らかな原稿

 本を作ってしまえば300年から400年は残り続けることになります。保存環境が良ければそれ以上の長い年数を残り続けることになります。本を書かれた方には著作者としての責任が当然に発生し、本の出版をお手伝いした側には出版者責任が生じます。したがって、小社が上記の要件に抵触する虞があると判断した場合は、出版のお仕事をお断りすることにしているのです。

 ただし、上記AあるいはBの要件に当てはまる原稿であっても、依頼者の方に、問題のある箇所の削除方あるいは是正方に応じられるお考えがある場合は、本の制作を引き受けさせていただくこともあります。なお、Bのケースでは、原著作者および原出版社との間で「転載許諾等に関する事務管理」など複雑な手続きが発生しますので、その分の作業料金をご負担いただくことになります。

良書作りの ために
本づくりの 流れ図
本づくりの ポイント
制作経費の お見積り
本づくりの ご相談
制作見本の ご紹介
お問い合わせ
(参考) 本の販売
TOP