1.  良書作りのために
ぜひお読みください
2.  本づくりの流れ図
これを見れば一目瞭然!
3.  本づくりのポイント
こうして本はできあがる
4.  制作経費のお見積り
経費のあらましを知ろう
5.  本づくりのご相談
まず、用意するものは?
6.  制作見本のご紹介
ほんの一例ですが…。
7.  お問い合わせ
お気軽にご相談ください
8.  (参考)  本の販売
経費倒れは避けよう!
制作見本のご紹介



『ふるさと養基』
「ふるさと養基」企画・編集委員会編
〔非売品〕

カバー・帯 本とびら 口絵見本


本文見本

岐阜県揖斐川町および池田町の町民有志の方々が「ふるさと養基」の歴史を、小学校高学年の児童にも理解できるように、分かりやすい言葉で全編を綴った、珠玉の地誌の一冊。

編集制作開始から約3ヶ月で400頁余の地誌を完成させることができましたが、これはひとえに町民有志の方々の、自分たちが生まれ育った「ふるさと養基の歴史」を後生に遺したいというお気持ちに押される形で成ったものと考えております。

下掲の本文見本にもあるように、本文には数十枚に及ぶ古文書資料やそのコピーが転載されていて、中には文字が読めないほどに腐食が進んでいるものがありました。それらをスキャナーで拡大し、汚れをきれいに取り除く作業も丹念に行いました。現状のあるがままの形をそのまま印刷化してしまう方が良いのではないかとも考え悩みましたが、結局全ての不鮮明資料を修復加工いたしました。
B5変型判・412頁・上製本・箱入り
巻頭口絵/モノクロ3頁+カラー5頁


TOP
『父一雄とその時代』
−水谷家累代家系と覚書−
 水谷洋二著 〔非売品〕

表紙と箱 本とびら 口絵見本

本文見本
戦前、中国満州において穀物等の取引を行う商社を経営し、四人の子供を育て上げた水谷一雄氏の遺された「備忘録」を出版したものである。他にも、「財産目録等写」「水谷家々系」が収録されている。

最下段の本文内容見本がその備忘録の一端である。全て毛筆にてていねいに記されていた。医師でご子息の二男洋二氏は、この備忘録の内容を現代語訳を付した形で遺すことを自費出版の目的としておられた。
A5判・224頁・上製本・化粧箱入り
巻頭口絵/モノクロ8頁(写真17枚)

TOP
『田中嘉之先生を偲ぶ』
「田中嘉之先生を偲ぶ」追悼集・遺稿集編集委員会 編
〔非売品〕

箱表紙 本とびら 口絵見本

本文見本
A5判・388頁・上製本・化粧箱入り
巻頭口絵/カラー2頁(写真6枚)

遺稿集のうち論文・研究ノートの部分のみ二段組となっている。

長年にわたり弁護士として活躍されてこられた故人を偲ぶ関係者の追悼集と、生前から田中先生が書き溜めてこられた遺稿集(上掲の本文見本)がほぼ半々の割合で編綴されている。

追悼集の原稿は一部の方を除き、全てデータ入力されたものを使用している。遺稿論文及び手紙文などは御子息が集められたものをデータ入力し、一橋同窓の弁護士、稲垣清先生によって編集されたものとなっている。表題の文字は、御子息の奥様が書かれたものである。

上掲本扉内の写真は、先生が愛用された辞書類の数々と、それらを取り囲むようにして、歴年使っておられた手帳類が配されている。ウインドウズパソコンが普及する10年以上も前からコンピュータ・ソフトを開発されるなど、法律以外のことにも多くの興味を示された先生だった。

TOP
「かたつむりの世界」
−マイマイ属−
川名美佐男 著
カバー・帯 本とびら
本文見本
日本列島に棲息するかたつむり、現在では化石種となってしまったかつたむりを含めて、40年以上にわって蒐集された川名美佐男さんの“ユーハドラ・コレクション”である。

A4判・334頁・オールカラー・上製本(2007年3月刊行)
税込定価 8,400円(品切れ)〔販売品〕

良書作りの ために
本づくりの 流れ図
本づくりの ポイント
制作経費の お見積り
本づくりの ご相談
制作見本の ご紹介
お問い合わせ
(参考) 本の販売
TOP