近未来社
新刊書紹介  ■千木良雅弘:写真に見る 地質と災害−応用地質の見方・考え方−
「砂防学会誌」書評−69巻3号85頁(砂防学会,2016)より転載)
 本書は,地形変動や土砂移動を通して災害に繋がる地質現象を豊富な写真とともに解説した良書である。対象とする現象は幅広く多岐にわたる。しかしながら,複雑な現象にストーリー性を与えた本書の構成は体系的な理解を可能としている。内容についての詳細な説明は著者の他の著作に譲る形として,本書内では平易な記述に終始することによって,初学者や専門外の読者にとっても通読が容易である。「平易」とは言え,厳選された写真はどれも雄弁であり,写真のコメントは現象の本質を鋭く突いているため,読み進めると熟練の技術者や研究者でもハッとさせられる場面が多くあるだろう。
 本書には400弱の写真や図が用いられており,巻末に著作権一覧が掲載されているが,それを見て改めて,写真の多くが著者自身によって撮影されているという事実に驚く。「傑作写真」を選んだというだけあって,貴重で学術的価値の高い写真が数多くあるのは確かだが,その背後にある数千枚(あるいはもっと?)の写真に思いを馳せれば,著者がどれほど多くの現場に情熱と探究心をもって臨んできたかが窺える。本書はその集大成だと言えよう。

 本書の構成,内容については著者自身による紹介が分かりやすいと思うので,以下にそれを引用する。
 「…大地の悠久な営みを理解して,その流れの中で生じる地質現象が災害を発生させるということを理解していただくことが不可欠と思い,目次を構成しました。まず第1章では,山を崩します。第2章と第3章で山を崩す原因となる地中の水と雨について述べます。そして,第4章では土石を山から川に運びます。第5章では,川が山を刻んでいく様子を,そして,第6章では氷河が山を刻んでいく様子を述べます。第7章では土砂が川から海に至ります。第8章では海の侵食,第9章では風の働きについて述べます。第9章までは,いわば外からの作用で大地が変貌していく姿の話ですが,第10章から第12章までは地球内部の話になります。第10章では,地層などの構造について述べ,第11章では火山について,第12章では地中の熱,第13章では地震についてお話しします。そして,最後の第14章では地表を構成する岩石がどのように風化していくかについてお話しします。」

 各章は数個〜20個程度のトピックからなり,1トピック1ページで構成されている。トピックタイトルに対応した写真が掲載されているので,ページをめくってタイトルと写真を見たら説明文を読まずに次に進むという形で,短時間で読了することも可能だと思われる。著者もそのような読み方を認めている。とは言え,説明文を読みたいという誘惑に抗うのは難しいことだが。各トピックは1枚の写真で説明されることもあるが,数枚の写真や,図解が加えられていることもある。単なる事例紹介にとどまらず,現象のメカニズムについても適宜解説されている。

 全体を通して砂防分野の読者にとって関係の深い内容である。崩壊発生に対する先行降雨の重要性や,地質境界での地下水挙動の重要性が繰り返し語られ,砂防分野の読者と同じ視線で崩壊現象を見ていることが実感できる。「あとがき」では地質学を専門とする著者が本書のような形で土砂災害の研究を行う契機となった経験が語られており,著者の自然観の一端が垣間見えて興味深い。

 土砂災害警戒情報についての解説などもあるが,基本的には本書で語られるのは自然現象であり,したがって内容は普遍的なものである。その一方で,同時代に生きる我々にとって特別な意味ももつ。登場する写真の多くが我々の経験してきた土砂災害を題材としているからである。私自身,本書を読む中で,個人的に馴染みの深い伊豆大島や台湾小林村,大谷崩に関する記述に引き込まれるとともに,現場で調査をしたものの釈然としないまま保留としていた岡谷の土石流や葉の木平,阿蘇の崩壊に関する写真,記述で当時の疑問を再び思い出して考え込むという場面があった。砂防学会会員の多くも同様の経験をすることになると思う。

 「写真を見れば,文章は斜め読みで大丈夫」と著者自身が言い切る著作は珍しい。身構えずに,とにかく手に取って欲しいという著者の願いを表している。本書執筆の動機の一つが2014年に広島で発生した土砂災害であり,被災者が自分たちの住んでいる場所がどういう場所であるかを理解していれば事態が変わったのではないかという著者の思いを反映している。これは我々「砂防」の人間にも共通する願いである。
 一人でも多くの人に本書を手に取って欲しい。
堀田紀文(筑波大学生命環境系)
もどるホーム