俳句の森 サイト





 4つの段階に分けてまとめてみました。

本はどのようにして作られる?


お客様の原稿は,およそ2ヶ月から3ヶ月で本になります。
制作期間中の要所要所でゲラ校正をしていただくなどの作業が入ってきますが,それ以外の仕事は全て出版社の編集担当者が責任をもって行います。下記に,本作りのスケジュールを4つの段階に分けた形で示し,わかりやすくご説明します。その中でお客様に関与していただく工程は【STEP 01】から【STEP 03】です。【STEP 04】は本格的な印刷・製本作業となるため,お客様が関与していただくことはございません。
項目別に色分けをしてありますが,お客様が独自に行っていただく項目は,水色の項目のみです。


両者が関与していく項目

お客様が関与される項目

出版社が実際に行う項目





 出版相談〜契約書の調印までの流れ

出版のご相談(造本希望などの聴き取り)
 経費見積りの依頼  見積書の調製とご提示
見積り金額のご検討(あるいは調整)
見積り金額の合意
出版契約書の調印
◎お客様の原稿(あるいは電子データ)を拝見させていただきます。
◎ページ数,製本形式,出版部数など,造本上のご希望をお伺いします。
◎造本上のご希望に沿って計算した見積り金額(見積書)を提示します。
◎見積り金額のご承認後,出版契約書を調製します。
◎出版契約書の調印を行います。ここから本作りがスタートします!


 本文組見本の作成と出版計画表の立案

納品日などのご希望 出版計画表の作成
原稿読込へのご要望 原稿読込の基準認識
本文組見本へのご要望 本文組見本案の作成

◎本文組見本のご提示と検討を経て,組体裁を確定します。
◎ゲラ組上げから本の納品までの出版計画表を立案します。
◎原稿読み込みについてのご要望をお聞きします。
◎カバーデザイン等についてのご要望をお聞きします。
◎その他,組版上のご要望をお聞きします。


 初校ゲラの組上げから印刷データの完全収録まで

校正要領の調製・校正方法のご説明
第1回目のゲラ校正 初校ゲラの作成と修正
第2回目のゲラ校正 再校ゲラの作成と修正
★デザインへの要望 デザインの提示と修正
第3回目のゲラ確認
最終ゲラの作成と修正

◎初校ゲラの組上げ後,内容のご確認(校正)をお願いします。
◎初校ゲラお戻し後,内容を修正し,再校ゲラをお出しします。
◎再校ゲラで再度内容の確認・点検をお願いします。
◎再校ゲラお戻し後,印刷に適するデータの収録作業に入ります。
◎カバー等付き物のデザインを確定し,別途印刷データを作ります。


印刷・製本作業の開始から完成本の納品まで

印刷 〔編集工程〕→面付けゲラ確認
印刷 〔製版工程〕←面付けOK後,製版
印刷 〔刷版工程〕
印刷 〔印刷工程〕
加工 〔PP工程〕※Permanent Press
製本 〔断割工程〕
製本 〔折り工程〕
製本 〔丁合工程〕
製本 〔製本工程〕
印刷 〔出版社宛に検品本の発送〕
出版社へ納品(検品)

お客様へ納品(確認)

◎印刷会社にてデータ内容を確認し,データ面付け作業に入ります。
◎面付けゲラの内容を編集担当者が確認します。
◎面付けゲラで誤りを発見すれば,正しいデータを送り直します。
◎面付けゲラが校正完了となれば,印刷が開始されます。
◎全印刷紙(刷り本)が製本会社に移されます。
◎製本会社で断割・折り・丁合・製本の作業後,本は完成します。
◎完成本は印刷会社に移され,出版社に検品本が送られます。
◎検品本に問題がなければ,全冊が出版社に届けられます。
◎出版社からお客様のお手元に完成本が納品されます。
 (予備本・カバー予備紙があれば全て同梱いたします。)
Copyright 2020, Kinmiraisha All Right Reserved.